教育活動

教育活動

公共政策プログラム

プログラム概要

政策分析力、政策構想力を磨き、政策研究の最先端と実務の世界の架け橋となる人材を育成するとともに、複雑化・多様化する政策課題に対し、より総合的な視点から解決策を提示し、対応を図れる人材を育成する。

 

  • プログラムディレクター:増山 幹高教授
  • 副ディレクター:飯尾 潤教授
  • 対象:中央省庁や地方自治体、民間企業等の幹部候補職員、政策に関わる研究者を志望する者、公共政策に対する問題意識が明確で、将来公共政策に携わることを希望する者
  • 学位:修士(政策研究) / Master of Policy Studies
  • 授業で使う言語:日本語
  • 修了までの標準的な年数:1年
  • 入学時期:4月
  • 修了の時期:3月
  • 願書受付時期(昨年度実績)10月、1月
  • 合格発表時期(昨年度実績)11月、2月

 

公共政策プログラムは、中央省庁や地方自治体、民間企業等の幹部候補職員や政策研究志望者など、様々な分野で政策研究を必要とする者を対象とし、高度な専門的知識を有するだけでなく、責務の自覚を持つ専門的指導者や新しいタイプの政策研究者を養成するためのプログラムです。
所属するコースによっては、英語による授業の履修が必須となる場合もあります。また、英語による5科目を履修する Global Studies コースを併せて修了することも可能です。日本人学生の英語科目履修を促進し、多様な学生が互いに学ぶ機会を提供します。なお、国際機関等で活躍することを目指す方は、One-year Master’s Program of Public Policy(MP1)Two-year Master’s Program of Public Policy(MP2)もご覧ください。

 

特定課題・分野コース

 

 public_policy

 

 

〒106-8677 東京都港区六本木7-22-1

TEL : 03-6439-6000     FAX : 03-6439-6010

PAGE TOP

Print Out

~