教育活動

教育活動

国際協力コース

コースの目的

 

地球的規模で持続可能な開発目標(SDGs)の達成が求められる中、国際開発・国際協力の分野において国内外の様々な立場から指導的役割を果たす人材を養成する。

 

概要

2015年に国連総会で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)は、すべての国のすべての人に普遍的に適用される目標です。GRIPSでは、SDGsを研究と教育さらには大学運営における指針として重視しているところです。

本コースは、SDGsの達成に向け、国際開発・国際協力の分野において指導的役割を果たす人材を養成することを目的に2020年4月に開講しました。本コースの学生は、公共政策プログラム全体の必修科目・選択必修科目に加えて、コース指定科目として、英語で行われる国際開発関係の5つの専門科目の履修を義務付けられます。更に、選択科目として本学の英語・日本語で行われる多様な科目を履修することができます。本学は、全学生の約3分の2が留学生という国際的な環境であることから、英語で行われる科目では各国の政府部門で働くミッドキャリアである留学生たちと共に学ぶことになります。

これらを通じて、本コースは、公共政策全体の基盤となる知識の習得、高度開発人材として求められる専門的知識の習得、各国の将来を担う留学生たちとの政策議論及び人的ネットワーク形成の構築を可能とします。

政策研究大学院大学(GRIPS)では、2020年4月から、公共政策プログラムの中に新たに「国際協力コース (International Cooperation Concentration)」を開設します。地球的規模で持続可能な開発目標(SDGs)の達成が求められる中で、このコースは、中央省庁、地方自治体、国際機関、NPO、民間企業等において、国際開発・国際協力の分野で指導的役割を果たす人材の養成を目的としています。

 

  • 対象:中央省庁や地方自治体、国際機関、NPO、民間企業等に おいて、国際開発・国際協力の分野で指導的人材となることを希望する者新卒者など

  • 授業で使う言語:日本語及び英語

ICC2021 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リーフレット(2021年度版)はこちらからダウンロードいただけます。

現在募集要項をダウンロードできます。

募集要項はこちらをクリックしてください。

 

履修科目

公共政策プログラムの必修科目・選択必修科目に加え、以下の国際開発関係の科目を履修

  • Development History of Asia: Policy, Market and Technology
  • Trade and Industrial Development
  • Theoretical Foundation of Economic Policy
  • Economic Development of Southeast Asia  
  • Economics of Health and Education (2021年度からDevelopment Economicsに変更予定)

 

よくある質問

Q. 国際協力コース修了証と学位の関係を教えてください。

A. 公共政策プログラムの修了要件を満たすとともに、国際協力コースで指定科目として定める5科目を 履修した者には、修士(政策研究)の学位に加え、国際協力コース修了証(Certificate)が授与されます。

 

Q. 本コース修了後、どのような博士課程への進学が想定されますか?

A . GRIPSには、国際開発分野の博士課程としてG-cube-IDS (GRIPS Global Governance Program-International Development Studies Concentration)があり、国際協力コースの修了者も応募することができます。

 

 

 

 

 

〒106-8677 東京都港区六本木7-22-1

TEL : 03-6439-6000     FAX : 03-6439-6010

PAGE TOP

Print Out

~