家田仁

役 職 教授、インフラ政策コースディレクター、防災学プログラムディレクター
学 位 工学博士
専門分野 交通・都市・国土学
現在の研究対象 国土やインフラの計画思想の国際比較
巨大災害対策の研究
  • 略歴

1978 東京大学・工・土木工学科卒業、日本国有鉄道入社

1984 東京大学助手、1986 東京大学助教授

1995 東京大学教授(工・社会基盤学専攻、交通・都市・国土学研究室 主宰)

2014 政策研究大学院大学と兼任

2016  政策研究大学院大学 専任となる

途中、ドイツ宇宙航空研究所客員研究員(1988-1989)、フィリピン大学客員教授(1993-1994)、中国清華大学客員教授(2008)、中国北京大学客員教授(2016)に派遣

・技術士(総合技術監理、建設)

・土木学会特別上級技術者(交通)

・東京大学名誉教授

 

  • 主要な著作・論文等

*和文著書として、「旅の意味と可能性を探る」(電子書籍)、「東大講義録 ~交通・都市・国土学の原点~」(電子書籍)、「社会インフラ・メンテナンス学」、「東海道新幹線と首都高 1964東京オリンピックに始まる50年の軌跡」、「鉄道が創り上げた世界都市・東京」、「しぶとい都市のつくり方:脆弱性と強靭性の都市システム」、「変貌するアジアの交通・物流」、「国土の未来」、「東京のインフラストラクチャー」、「それは足からはじまった:モビリティの科学」、「都市再生:交通学からの解答」、「東京の交通問題」など

 

*English written books: “Vulnerability and Toughness in Urban Systems”, “Sustainable Urban Transport in an Asian Context”, “KISS-Rail: Keys to Implement Successfully Sustainable Urban Railways” etc.

 

*学術論文や解説論文は、交通分野や社会基盤分野などに関わる諸学会(土木学会、日本都市計画学会、日本交通学会、世界交通学会、アジア交通学会など)の論文集などに約800件。

 

*政刊懇談会 「ほんづくり大賞-特別賞」 (「運輸と経済」2016年12月号特集:世界史と世界地理のスケールで考える現代の交通戦略) 、交通図書賞(「変貌するアジアの交通・物流」「都市再生:交通学からの解答」)の他、アジア交通学会論文賞、交通工学研究会論文賞、日本鉄道施設協会論文賞、などを受賞

 

  • 社会貢献等

・国土交通省 第60回 交通文化賞 (2016)

・国土交通省 新道路技術会議事務局 優秀技術研究開発賞 「広域道路ネットワークの耐災害信頼性から観たリンクの脆弱度及び改良優先度の実用的評価手法の開発と適用性評価」(2016)

 

土木学会、都市計画学会、アジア交通学会などに所属

国土交通省をはじめとする政府等の審議会や委員会などに参加

 

  • リンク

東京大学交通・都市・国土学研究室HP:

http://www.trip.t.u-tokyo.ac.jp/

 

  • メールアドレス

ieda

※送信する際には後ろに「@grips.ac.jp」 と入れてください。

 

  • リンク

公共政策プログラムインフラ政策コース (修士課程)

Disaster Management Policy Program (修士課程)

防災学プログラム (博士課程)

 

〒106-8677 東京都港区六本木7-22-1

TEL : 03-6439-6000     FAX : 03-6439-6010

PAGE TOP

Print Out