篠田邦彦

役 職 教授、参与(政策研究院)
学 位 米国カーネギーメロン大学産業経営大学院(GSIA)で修士号を取得
専門分野 通商政策、国際経済政策
現在の研究対象 アジア経済、アジア地域経済統合、インド太平洋協力
  • 略歴

1988年に通商産業省(現在の経済産業省)に入省後、APEC室長(2005年~2008年)、資金協力課長(2008年~2010年)、アジア大洋州課長(2010年~2012年)、通商交渉官(2017年~2019年)等を歴任し、主としてRCEP等の経済連携協定交渉やASEAN・中国・インド等との経済・産業協力の業務を担当。また、在フィリピン日本国大使館(1996年~1999年)、海外貿易開発協会バンコク事務所(2002年~2005年)、石油天然ガス・金属鉱物資源機構北京事務所(2012年~2014年)、日中経済協会北京事務所(2014年~2017年)などアジアでの勤務経験が長い。2019年より政策研究大学院大学に出向し、アジア経済、インド太平洋協力等の研究・教育に従事。

 

  • 主要な著作・論文等

・”Economic Integration in East Asia — Perspectives from Spatial and Neoclassical Economics-” edited by Masahisa Fujita, Satoru Kumagai and Koji Nishikimi (October 2008, Edward Elgar Publishing) 共著

“Chapter 5. Evolution of Institutions and Policies for Economic Integration in East Asia: History and Prospects”Yoshihiro Otsuji and Kunihiko Shinoda

・”ASEAN-Japan Relations” edited by Takashi Shiraishi and Takaaki Kojima (2013, Institute of Southeast Asian Studies, Singapore)共著

"Chapter 8. Evolution of Institution and Policies for Economic Integration in East Asia: The Rise of China and Changes in the Regional Order" Yoshihiro Otsuji and Kunihiko Shinoda

 

  • その他

現代東南アジア政策研究ネットワーク

https://www.grips.ac.jp/jp/news/20200304-6342/

インド太平洋協力研究会

https://www.grips.ac.jp/jp/news/20201029-6702/

東南アジアの大学・研究機関との共同研究・ウェビナー開催(CSIS-GRIPS-RSISウェビナー、FPCI-GRIPS公開フォーラム)

https://www.youtube.com/channel/UCGDxP4tdVHfHj8vtLM3rV9g

 

  • メディア対応可能な分野

アジア経済、アジア地域経済統合、インド太平洋協力

 

  • リンク

CV

 

  • コンタクト

メールアドレス

k-shinoda

※送信する際には後ろに「@grips.ac.jp」 と入れてください。

〒106-8677 東京都港区六本木7-22-1

TEL : 03-6439-6000     FAX : 03-6439-6010

PAGE TOP

Print Out