ニュース・イベント

ニュース・イベント

イベント案内

2021.2.17(水) 開催

政策研究大学院大学・建築研究所共催シンポジウム「建築物の水災害対策」

 

 

趣  旨   2019年の台風19号における高層マンションの受変電設備の冠水によるエレベーターや給水設備等のライフラインが使用不能となる被害、2020年の7月豪雨における高齢者施設や市街地の広範囲にわたる浸水による甚大な人的被害や建物被害の発生など、近年、水災害の激甚化がみられる中で、建築物における水災害対策が重要となっています。本シンポジウムでは、国内外の取組みや技術の動向等について情報交換し、今後取り組むべき課題について考えます。
主  催   国立大学法人政策研究大学院大学、国立研究開発法人建築研究所

プログラム

 進行役:菅原 賢(政策研究大学院大学 教授)

13:30  

主旨説明:江田頼宣(建築研究所住宅・都市研究グループ長)

13:40-  

講演及びパネルディスカッション

モデレーター:木内望(建築研究所)

13:40-14:20  

基調講演 

エドワード・バースリー(TheEnvironmentalDesignStudio創設者)

「洪水にレジリエントな建築・都市への再生に向けて」

14:20-   講演

      木内望(建築研究所主席研究監)
       「建築物の水災害対策;背景、必要性と可能性」
      田村和夫(建築都市耐震研究所代表)
       「建築物の洪水被害の実態にみる建築物の水災害対策のあり方と課題」

      長谷川順一(たてもの修復支援ネットワーク代表)
       「戸建て住宅の被災対応の現場からみた修復の課題」

      山海敏弘(国土技術政策総合研究所シニアフェロー)
       「建築物におけるBCP・LCPの観点からみた建築物の水害対策と課題」

      瀧健太郎(滋賀県立大学准教授)
       「流域治水における建築物への期待」

      今村敬(国土交通省住宅局建築物防災対策室長)
       「近年の住宅・建築行政における水害対策の取り組み」

16:00-   パネルディスカッション
    今後の建築物の水災害対策について
17:00   閉会

 

参加登録方法

 

本シンポジウムはZOOMを用いたオンライン開催(ウェビナー)です。PCのほか、タブレット、スマートフォンにてご視聴いただけます(あらかじめ、ZOOMのアプリケーションのインストールをお願いします)。
ご視聴をご希望の方は、以下のフォーム又はQRコードから、2021年2月16日(火)までにお申込み下さい。

登録内容を確認の上、視聴用のURL等をご連絡いたします。

申込:https://zoom.us/webinar/register/WN_D4pYx8PlRdur2r4fMn-bZg

Symposium20210217 leaflet Jp_qr_code

 

 

 

 

 

 

参加費無料
定員になり次第申込を締切らせていただきますのでご了承下さい。
連絡先:政策研究大学院大学(E-mail:grips.dmsアットgmail.com)

アットを「@」に置き換えてお送りください。
※JSCA建築構造士更新評価点対象

 

開催日時 2021年2月17日(水) 13:30-17:00
会 場 ZOOMを用いたオンライン開催(ウェビナー)
参加費 入場無料(事前登録制)
言 語 日本語/英語(同時通訳)
詳細はこちら

〒106-8677 東京都港区六本木7-22-1

TEL : 03-6439-6000     FAX : 03-6439-6010

PAGE TOP

Print Out

~