道下徳成

役 職 副学長、安全保障・国際問題プログラムディレクター、戦略研究プログラムディレクター、Maritime Safety and Security Policy Program ディレクター、教授
学 位 博士(国際関係学)、ジョンズ・ホプキンス大学
専門分野 安全保障・戦略研究、日本の防衛政策、朝鮮半島の安全保障問題
現在の研究対象 1980年代の太平洋における軍事戦略
  • 略歴

1990年 防衛庁防衛研究所 第2研究部第3研究室 助手(防衛庁教官)
2000年 防衛庁防衛局防衛政策課研究室 部員(防衛庁部員)
2000~2001年 韓国慶南大学校 極東問題研究所 客員研究員(日韓文化交流基金訪韓研究フェロー)
2001~2004年 防衛庁防衛研究所 第2研究部第3研究室 主任研究官(防衛庁教官)
2004~2006年 内閣官房副長官補(安全保障・危機管理担当)付・参事官補佐
2006~2007年 防衛庁防衛研究所 研究部第2研究室 主任研究官(防衛庁教官)
2007年 政策研究大学院大学(GRIPS)助教授
2010年 政策研究大学院大学(GRIPS)准教授

2014年 政策研究大学院大学(GRIPS) 教授(現在に至る)

2015~16年 ウッドロー・ウィルソン・センター ジャパン・スカラー

2017年~ ウッドロー・ウィルソン・センター グローバルフェロー

 

  • 主要な著作・論文等
Lessons of the Cold War in the Pacific: U.S. Maritime Strategy, Crisis Prevention, and Japan’s Role (Woodrow Wilson Center, 2016) (co-authored with Peter M. Swartz and David F. Winkler).
 
「朝鮮半島有事と日本の対応」木宮正史編『シリーズ日本の安全保障6 朝鮮半島と東アジア』岩波書店、2015年(東清彦との共著)。
 
“Strategic cooperation key to Japan’s peaceful future,” East Asia Forum, May 29, 2015.
 
『북한의 벼랑 끝 외교사, 1966-2013년 (北韓の瀬戸際外交史、1966~2013年)』이원경 옮김, 한울, 2014년.
 
『北朝鮮 瀬戸際外交の歴史、1966~2012年』ミネルヴァ書房、2013年。
 
“Changing Security Relationship between Japan and South Korea: Frictions and Hopes,” Asia-Pacific Review, Vol. 21, No. 2, 2014, pp. 19-32.
 
「北朝鮮の核・ミサイル開発と日本の対応」『海外事情』2013年6月号、12~28頁。
 
“Japan’s Response to Nuclear North Korea,” in Gilbert Rozman, ed., Asia at A Tipping Point: Korea, the Rise of China, and the Impact of Leadership Transitions (Joint U.S.-Korea Academic Studies) (Korea Economic Institute, 2012).
 
「自衛隊の組織・装備の名称変更案――文民統制強化と透明性向上のために」『外交』Vol. 16、2012年12月、134~142頁、https://www.tuj.ac.jp/icas/pdf/20140418-Michishita-2012-Renaming-the-SDF.pdf
 
中曽根康弘著、中島琢磨、服部龍二、昇亜美子、若月秀和、道下徳成、楠綾子、瀬川高央編『中曽根康弘が語る戦後日本外交』新潮社、2012年。
 
「第5章 自衛隊のエア・パワーの発展と意義」石津朋之、立川京一、道下徳成、塚本勝也編著『エア・パワー―その理論と実践』シリ-ズ・軍事力の本質①、芙蓉書房出版、2005年、167-215頁。
 
North Korea’s Military-Diplomatic Campaigns, 1966-2008 (London: Routledge, 2009)

“Signing a Peace Agreement: Issues for Consideration,” International Journal of Korean Unification Studies, vol. 19, no. 1 (2010), pp. 29-63.

 

柳澤協二著、道下徳成、小川伸一、植木千可子、山口昇、加藤朗、広瀬佳一対談『抑止力を問う―元政府高官と防衛スペシャリスト達の対話』かもがわ出版、2010年。

 

“Playing the Same Game: North Korea’s Coercive Attempt at U.S. Reconciliation,” The Washington Quarterly, vol. 32, no. 3 (October 2009), pp. 139-152 <http://www.twq.com/09october/docs/09oct_Michishita.pdf>.

「北朝鮮のワンパターン外交と今後の展望」『海外事情』2009年7・8月号、77-90頁

 

「第7章 自衛隊のシー・パワーの発展と意義」石津朋之、立川京一、道下徳成、塚本勝也編著『シー・パワー―その理論と実践』シリ-ズ・軍事力の本質②、芙蓉書房出版、2008年、219-279頁。

 

「第5章 戦略論の将来」道下徳成、石津朋之、長尾雄一郎、加藤朗『現代戦略論―戦争は政治の手段か』勁草書房、2000年、139-186頁。

 

“Alliances After Peace in Korea(朝鮮半島和平成立後の同盟関係),” Survival, vol. 41, no. 3 (Autumn 1999), pp. 68-83.

 
 
  • 社会貢献等

2013年度 国際安全保障学会 最優秀出版奨励賞(佐伯喜一賞)受賞

2005年度 『国際安全保障』最優秀新人論文賞受賞
1997年度 防衛学会第9回加藤賞受賞
 
  • リンク
略歴詳細
 
 
  • メディア対応可能な分野

・安全保障・外交問題

・日本の防衛政策

・アジア・太平洋地域の安全保障問題

 

  • コンタクト

メールアドレス

michi

※送信する際には後ろに「@grips.ac.jp」 と入れてください。

 

〒106-8677 東京都港区六本木7-22-1

TEL : 03-6439-6000     FAX : 03-6439-6010

PAGE TOP

Print Out