鈴木(堀田)眞理

役 職 名誉教授
学 位 医学博士(東京女子医科大学)
専門分野 医学(内科、内分泌学)
現在の研究対象 ・神経内分泌
・中枢性摂食障害の病態と治療
・骨粗鬆症
  • 略歴

1979年 長崎大学医学部卒業
佐賀医科大学病理学教室助手
1981年 東京女子医科大学付属病院 内科2練士研修医
1983年 東京女子医科大学 内科2助手
1985年 東京女子医学博士学位取得
アメリカ ソーク研究所神経内分泌部門留学
1987年 東京女子医科大学 内分泌疾患総合医療センター内科助手
1999年 東京女子医科大学内分泌疾患総合医療センター内科准講師
2002年 政策研究大学院大学教授
2020年 政策研究大学院大学名誉教授

 

  • 主要な著作・論文等

Therapeutic Potential of Ghrelin in Restricting-Type Anorexia Nervosa. In Masayasu Kojima, Kenji Kangawa, Melvin Simon, John Abelson, editors: Ghrelin, 514, MIE, UK: Academic Press, 2012, pp. 379-398.

Mari Hotta, Rina Ohwada, Hideki Katakami, Tamotsu Shibasaki, Naomi Hizuka, Kazue Takano. Plasma levels of intact and degraded ghrelin and their responses to glucose infusion in anorexia nervosa. J Clin Endocrinol Metab 89(11):5707-12 (2004)

Mari Hotta, Rina Ohwada, Takashi Akamizu, Tamotsu Shibasaki, Kazue Takano, Kenji Kangawa. Ghrelin increases hunger and food intake in patients with restricting-type anorexia nervosa.
A pilot study. Endocrine J 56:1119-1128 (2009)

鈴木眞理 乙女心と拒食症 インターメディカル出版(1999)

堀田眞理 内科医にできる摂食異常症の診断と治療 三輪書店(2001)

鈴木眞理 ダイエット障害 少年写真新聞社(2005)

鈴木眞理 Primary care note 摂食障害 日本医事新報社(2008年)

 

  • 社会貢献等

・日本摂食障害学会 理事
・厚生労働省難治性疾患克服研究班 研究分担者
・日本内分泌学会雑誌 Endocrine Journal編集委員
・日本内分泌学会代議員
・日本神経内分泌学会評議員
・日本心療内科学会評議員

 

  • リンク

神経性食欲不振症家族会「EATファミリーサポートの会」主催
http://www3.grips.ac.jp/~eatfamily/

〒106-8677 東京都港区六本木7-22-1

TEL : 03-6439-6000     FAX : 03-6439-6010

PAGE TOP

Print Out