金本良嗣

役 職 客員教授、名誉教授
学 位 Ph.D., 米国コーネル大学大学院
専門分野 都市経済学、公共経済学、交通経済学
現在の研究対象 政策分析に重点を置いて都市経済学及び公共経済学の研究を行ってきた。たとえば、(1)道路投資の費用便益分析手法、(2)都市集積の経済の実証分析、(3)最適都市規模に関するヘンリー・ジョージ定理のセカンドベスト経済への拡張、(4)自動車交通分野における温暖化政策のシミュレーション分析、(5)電力自由化政策のシミュレーション分析等である。
  • 略歴

1977年米国コーネル大学Ph.D.取得、同年加国ブリティッシュ・コロンビア大学経済学部助教授、1980年筑波大学社会工学系助教授、1984年加国クィーンズ大学経済学部訪問準教授(1年間)、1988年東京大学経済学部助教授、1992年東京大学経済学部教授、2004年-2011年東京大学教授公共政策大学院に配置換。大学院経済学研究科に併任、2008年東京大学教授公共政策大学院院長(公共政策学連携研究部・教育部部長)、2010年本学客員教授、2011年本学学長特別補佐、本学教授、東京大学名誉教授、東京大学公共政策大学院客員教授、2013年本学副学長、本学教授、2015年-2020年本学特別教授、2015年-2021年電力広域的運営推進機関理事長、2020年本学客員教授

 

  • 主要な著作・論文等

著書:

Kanemoto, Y., Theories of Urban Externalities, North-Holland, (1980).

金本良嗣『都市経済学』東洋経済新報社,(1997).

金本良嗣編著『日本の建設産業』日本経済新聞社,(1999).

金本良嗣・蓮池勝人・藤原徹『政策評価ミクロモデル』東洋経済新報社,(2006).

金本良嗣・藤原徹『都市経済学(第2版)』東京洋経済新報社,(2016)

 


学術論文:

Kanemoto, Y., "Congestion and Cost-Benefit Analysis in Cities," Journal of Urban Economics 2, 246-264, (1975).

Kanemoto, Y., "Cost-Benefit Analysis and the Second-Best Land Use for Transportation," Journal of Urban Economics 4, 483-503, (1977).

Kanemoto, Y., "Externality, Migration and Urban Crises," Journal of Urban Economics 8, 150-164, (1980).

Kanemoto, Y., "Pricing and Investment Policies in the System of Competitive Commuter Railways," Review of Economic Studies 51, 665-681, (1984).

Kanemoto, Y., "Asymmetric Information in the Credit Market and Discount Rates for Public Investment," Journal of Public Economics 34, 291-309, (1987).

Kanemoto, Y., "Hedonic Prices and the Benefits of Public Projects," Econometrica 56, 981-989, (1988).

Kanemoto, Y. and W. B. MacLeod, "The Ratchet Effect and the Market for Second-Hand Workers," Journal of Labor Economics 10, No.1, 85-98, (1992).

Kanemoto, Y. and W. B. MacLeod, "Firm Reputation and Self-Enforcing Labor Contracts," Journal of the Japanese and International Economies 1, 144-162, (1992).

Kanemoto, Y. and K. Kiyono, "Regulation of Commuter Railways and Spatial Development," Regional Science and Urban Economics 25, 377-394, (1995).

Kanemoto, Y., T. Kitagawa, H. Saito, and E. Shioji, (2005), "Estimating Urban Agglomeration Economies for Japanese Metropolitan Areas: Is Tokyo Too Large?" GIS-Based Studies in the Humanities and Social Sciences, Edited by A. Okabe. Taylor & Francis, Boca Raton, 229-241.

Kanemoto, Y., (2006), "Urban Transport Economic Theory," A Companion to Urban Economics, Edited by Richard J. Arnott and Daniel P. McMillen, Blackwell Publishing, Oxford, UK, 245-260.

Kanemoto, Y., (2011), "Surplus Theory," A Handbook of Transport Economics, Edited by A. de Palma, R. Lindsey, E. Quinet, and R. Vickerman, Edward Elgar Publishing, Cheltenham Glos, UK, 479 - 499.

Kanemoto, Y., (2013), “Second-best cost-benefit analysis in monopolistic competition models of urban agglomeration,” Journal of Urban Economics 76, 83?92. (http://dx.doi.org/10.1016/j.jue.2013.03.006)

Behrens, K, Kanemoto, Y., and Murata, Y., (2015), “The Henry George Theorem in a second-best world,” Journal of Urban Economics 85, 34-51. (http://dx.doi.org/10.1016/j.jue.2014.10.002)


賞:

日経図書文化賞(1981):"Theories of Urban Externalities," North-Holland, (1980).
Fellow, Regional Science Association International, 2007.

 

 

  • 社会貢献等

社会資本整備審議会(国土交通省) 委員
交通政策審議会(国土交通省) 委員
原子力損害賠償・廃炉等支援機構運営委員会委員
統計改革推進会議 構成員

 

  • その他

日本学術会議連携会員
日本交通学会 評議員
Economics of Transportation: Editorial Board Member
Journal of Transportation Economics and Policy: Associate Editor
Journal of the Japanese and International Economies: Associate Editor
Managerial and Decision Economics: Associate Editor

 

  • リンク

ホームページ

 

  • メールアドレス

kanemoto

※送信する際には後ろに「@grips.ac.jp」 と入れてください。

〒106-8677 東京都港区六本木7-22-1

TEL : 03-6439-6000     FAX : 03-6439-6010

PAGE TOP

Print Out