GRIPS 政策研究センター Policy Research Center

客員研究員

2017/6/1 ~ 2018/3/31

集積の経済を明示的に考慮した交通政策・規制政策体系の構築

研究代表者

本研究の目的は、集積の経済を明示的に考慮した交通政策・規制政策体系を構築することである。その結果、集積の経済が交通政策・規制政策において果たす役割を明確化し、現在の交通政策・規制政策をどのように変更すべきかを明らかにする。本研究では、第一に、個別の交通政策・規制政策を分析可能な基本モデルを開発する。第二に、開発した基本モデルを用い、集積の経済が存在する状況下での、最善・次善の交通政策・規制政策が持つ一般的な特徴を導出し、集積の経済が交通政策・規制政策において果たす役割を明確化する。第三に、開発した基本モデルを現実の政策課題に応用し、集積の経済が存在する場合に、どのような交通政策・規制政策が望ましいかを、政策課題毎に分析する。