ENGLISH

グローバル秩序変容時代のリーダー養成プログラム― GRIPS Global Governance Program (G-cube) ―

about

教員からのメッセージMessage

学長

学長メッセージ

学長 田中明彦

21世紀の世界は、人類に対して希望の持てる機会を数多くもたらす一方で、場合によっては破局的な困難を与えうるような不確実性やリスクもまた数多く突きつけています。ミレニアム開発目標(MDGs)の多くが達成され、極度の貧困に苦しむ人口が減少したことは、世界にとって喜ばしいことですが、2015年に合意された持続可能な開発目標(SDGs)の達成はそれほど容易なことではありません。さらに、国内の政治状況が激変する国もあり、世界政治が流動化する可能性も否定できません。地政学的対立、大量破壊兵器の拡散、テロリズムの増加、脆弱性脱却の困難、中所得国の罠、法の支配に基づく民主政治の実現など困難な政策課題は山積しています。

このような課題を乗り越えていくための政策研究を行ない、これらの研究をベースにして次世代の指導者のための大学院教育を行うことがGRIPSの使命です。そして、G-cubeはこの使命を果たすために特に丁寧に作られたプログラムです。
G-cubeは、技術的知識だけでなく歴史的知識に裏打ちされた大局観を育みます。
G-cubeは、容易に答えの見いだせない課題に取り組めるよう学生の想像力と創造力を伸ばします。私たちとともに、この知的で実践的な取り組みに参加してください。

プログラム責任者 園部哲史

プログラム責任者 園部哲史

副学長、教授

このプログラムには新しい試みが満載です。例えば、チュートリアルはごく少人数で行うものですので、学生は黙っていることが許されません。毎回自らの意見を用意してきて教員を説得しなければなりません。逆に教員の側は知的な懐の深さが試されます。お互いに大変な試練ですが、学生一人一人の成長を実感できそうで教え甲斐があります。

プログラムコーディネーター 木島陽子

准教授

このプログラムには世界中から様々なバックグラウンドをもつ学生が集まっています。少人数によるインテンシブなカリキュラムにより、学生間・学生教員間の距離が近く、活発な議論を通して、自国の政策課題を大局的かつ深く理解するために最適な環境になっています。実務経験に裏打ちされた問題意識と、このプログラムにより習得される分析スキルを使い、学生は新たな研究課題に挑戦しています。

プログラム担当者 高木佑輔

助教授

G Cubeは前に向かおうとする刺激にあふれたプログラムです。ほとんどの学生が、一定の実務経験を有しており、修了後はそれぞれの国や地域の将来を背負う人たちです。アジアやアフリカ諸国から来た学生たちは、自然とそれぞれの国や地域を代表するような意識を持ち、お互いに切磋琢磨しています。他方、プログラムでしばしば行うグループワークでは、チームとして行動することの楽しさや可能性を実感できます。多様でやる気に満ちた学生たちに向き合いながら、われわれ教員もさらなる教育や研究の質の向上に向けて日夜努力しています。新しい学生さんとの出会いを楽しみにしております。