GRIPS 政策研究センター Policy Research Center

政策研究センターとは

 政策研究大学院大学における政策研究として、教員各自の自由な研究活動とは別に、政策研究センターが管轄する公募制のリサーチ・プロジェクトによる研究をおこなっています。本センターで共同研究体制をとり、政策研究に必要とされる頭脳を1か所に集積した学際的・国際的研究を積極的に推進しています。各リサーチ・プロジェクトは、本学の専任教員と外部の研究者で構成されています。

 

 リサーチ・プロジェクトは、毎年募集され、審査を経て、新規採択されます。年度末には、提出された成果報告書をもとに、継続の可否を審査します。また、終了時には、全体の成果に関して審査を行います。このような審査によるリサーチ・プロジェクトのスクラップ・アンド・ビルドを通じて、研究水準の向上を目指しています。

 

 本学の政策研究に関し、国際的に見てより高い水準を実現することと、研究成果を通じて社会的に貢献することを目的とする本センターが行っている事業は、リサーチ・プロジェクトの運営のほかにも、多岐にわたります。例えば、本センターでは、海外から研究者等を招聘するセミナー、シンポジウム等に対する支援、国内外の研究機関からの客員研究員の受入れ、国際的学術図書の出版と国際的雑誌への投稿の奨励や出版助成を行っています。