ニュース

2021.11.5 [Fri]

11月17日(水) Scopus & Mendeleyオンライン講習会開催のお知らせ

GRIPS図書館では、エルゼビア社から講師をお招きして、Scopusの利用講習会をオンラインで開催いたします。講習会の中で、Mendeley文献管理ツールについても簡単にご紹介する予定です。
今回の使用言語は英語のみとなります。
皆さまのご参加をお待ちしております。

Scopus & Mendeley オンライン講習会

日時

2021年11月17日(水) 12:15-13:15

講師

エルゼビア社スタッフ

言語

英語

参加方法

  • 講習会はZoom Webinarを使って行いますので事前登録をお願いします。
    登録用のURLは別途メールにてお知らせいたします。
  • 参加にあたってのご注意

    事前に、ご自分のPCから学外アクセスができることを確認しておいてください。もし問題がある場合は、お知らせください。

    【学外アクセス確認手順】
    学外アクセスサービス(EZproxy)にログイン後、メニューページにてScopusのデータベースを選択し、アクセスしてください。検索画面が表示されれば、問題ありません。

    EZproxyログイン
    EZproxy利用方法

    アンケート

    受講後、アンケートにご協力ください。

    データベース詳細

    Scopus(スコーパス)

    エルゼビアが提供する世界最大級の抄録・引用文献データベースです。
    全分野(科学・技術・医学・社会科学・人文科学)、世界5,000社以上の出版社、逐次刊行物22,800タイトル、
    会議録100,000イベント、書籍170,000タイトルからの7,200万件の文献を収録しています。
    1800年代からの抄録に加えて、1970年以降の論文は参考文献も収録しています。

    図書館のホームページからアクセスできます。データベース・電子ジャーナル

    Mendeley(メンデレー)

    学術論文の管理とオンラインでの情報共有を目的とした文献管理ツールです。
    文献情報の管理のほか、他の研究者との文献共有、個人プロファイルや研究成果の公開などができます。

一覧へ戻る