English Site Map
  

GDF is a research unit of National Graduate
Institute for Policy Studies

開発フォーラム概要 GRIPS概要 イベント  GDF発行誌 ダウンロードコーナー メンバー紹介 アクセス・
問合わせ先

 

GRIPS開発フォーラム

私たちは、日本やアジアの産業発展の経験に基づき、産業開発・国際開発・開発協力などの分野において、日本が独自性を発揮して世界に建設的な貢献をするための実践的で政策志向の研究・発信活動を行っています。また、活動推進においては、内外の知的ネットワークを活用しつつ、日本の経済協力関係者、主要援助機関、研究機関、開発途上国の政策担当者等への政策的働きかけを実施し、ウェブサイト、セミナー、出版物等を通じて情報発信を続けています。

 

エチオピアとの産業政策対話
  3フェーズ
  第2フェーズ (Completed)

  第1フェーズ (Completed)
GDF × JICA緒方研究所連携企画
  途上国の産業開発勉強会
APIR & GRIPS共同研究
 
知日産業人材ネットワーク
  中小企業の東南アジア進出
  中小企業の海外展開勉強会
アフリカ成長支援
  アフリカ産業戦略勉強会
国際開発潮流・主要ドナーの動向
(2022年1月)
Ethiopia FDI Policy Report
JICA受託研究の一環でエチオピアのシンクタンク(PSI)とGDFが共同で執筆したレポートです。
Download >>> here
 (2021年4月)
Viet Nam Productivity Report by Ohno kenichi, Nguyen Duc Thanh, Pham Thi Huong
2020年9月に公開したレポートをアップデートした完成版です。
English ver.
Vietnamese ver.
(2021年2月)
『途上国の産業人材育成—SDGs時代の知識と技能』
山田肖子・大野泉編著(日本評論社)
(本体価格:3,500円+税)

ISBN:978-4-535-55970-7
本の紹介>>> こちら
(20209)
Vietnam Productivity Report
-Preliminary Final Edition-

GDFとベトナムのVEPRが共同で執筆したレポートの暫定版です。完成版は2021年初めに公表予定です。
Download >>> here
 Report digest video >>> here (GRIPS Youtube)
(2020年2月)
Ethiopia Productivity Report
JICA受託研究の一環でPSIとGDFが共同で執筆したレポートです。
ISBN: 978-9-9944-7753-1
Download >>>here
(2019年6月)
How Nations Learn: Technological Learning, Industrial Policy and Catch-up (Oxford University Press) by Arkebe Oqubay and K. Ohno
ISBN: 978-0-19-884176-0
Book Website
(2017年9月)
The History of Japanese Economic Development: Origins of Private Dynamism and Policy Competence (Routledge) by Kenichi Ohno
ISBN: 978-1-138-21542-9
Book Website


  
>>> Past Publications

 

 
WHAT'S NEW                                     What's New Back Number  

第7回「これからの途上国の産業開発を考える」勉強会(ウェビナー)開催のお知らせ(1月31日(月)) 

(2022年1月)JICA緒方研究所とのコラボ企画勉強会を、1月31日に開催します。第7回目は、アジアの高中所得国であるマレーシアに焦点をあて、工業化が進んだ国の今日における産業人材育成の課題について理解を深め、発展段階による対応策の違いや共通課題、開発協力の役割等について考えます。 ぜひご参加ください。

勉強会の詳細と参加のご登録は>>>こちら

エチオピアのFDI政策レポートが完成

20221月)GDFがエチオピアのシンクタンクPSIと共同作成したFDI政策レポートが完成しました。本レポートは、同国の外資政策と実績の評価、国際収支や技術移転へのインパクト、工業団地、縫製業の現状と課題、品質と倫理の同時追求、ICTやコロナへの対応などを論じています。現在エチオピアは危機に直面していますが、それを克服したのちにも残る長期構造問題を中心に検討しています。別途、関連冊子も発行しました。 

FDIレポート >>> こちら (英文のみ)
関連冊子 >>> こちら (FDI政策の分析・提言ペーパー&発表スライド)
 
"International Development Cooperation of Japan and South Korea: New Strategies for an Uncertain World"刊行

20221月)本書はKwonYamagataKim及びKondohが編者となり、国際開発学会と韓国国際開発学会の共同プロジェクトの成果をまとめたものです。開発フォーラムの大野泉教授と上江洲佐代子研究員は第7"New Partnership with the Private Sector in Japanese Development Cooperation"を担当しました。日本の開発協力における新たなPPP枠組みであるSDGsビジネスの動向や、地方自治体や本邦中小企業の知見を活用したSATREPS等の事例を取り上げています。
 

詳細は>>> こちら(Springer Nature HP)
 
第6回「これからの途上国の産業開発を考える」勉強会(ウェビナー)開催のお知らせ(12月24日(金))終了しました

2021年12月)JICA緒方研究所とのコラボ企画勉強会を、12月24日に開催します。第6回目は、歴史を遡り、キャッチアップを始めた明治日本の経験に焦点をあてます。近年の途上国をとりまく新潮流をうけて、日本が今まで培ってきた経験で変わらず有用なものはあるか、何を変えていくべきか考察します。ぜひご参加ください。

勉強会の詳細と参加のご登録は>>>こちら

 
野泉がアジア太平洋カンファレンス2021(於立命館APU)で基調講演

202112月)124-5日に別府の立命館アジア太平洋大学(APU)で開催された、「アジア太平洋(AP)カンファレンス2021:多様性とインクルージョン」において、大野泉が「Building Forward Better: コロナ危機から学び、国際開発協力の将来を考える」をテーマに基調講演をしました。APカンファレンスは今年18回目で、人社系では日本最大規模の英語で開催されるカンファレンスと言われており、ハイブリッド形式で2日にわたり多くの分科会が行われました。

詳細は>>> こちら日本語
 

大野泉がUNIDO総会のサイドイベント「産業政策の再興」に登壇
 

(202112122日に開催された、UNIDOの第19回総会のサイドイベント"Revival of Industrial Policy—Prospects for Establishing a Global Industrial Policy Forum for Multilateral Policy Learning and Knowledge Sharing″に大野泉が登壇しました。他のスピーカーは、モーリシャス工業省次官とドイツGIZ専門家です。大野泉はUNIDO121日にリリースした「工業開発レポート2022:ポストコロナの世界の工業化の将来」においても、知的インプットを行っています。

 

詳細は>>> こちら (Webinar)
レポートは>>> こちらIDR2022)
High-Level Expert Consultation (HLEC) Meetingは>>> こちら
 

大野泉がUNIDO東京事務所主催、「アフリカ工業化の日」記念イベントに登壇
 

202111UNIDO東京事務所が1122日に開催した、「これからの日本アフリカの貿易投資・技術移転とアフリカ大陸自由貿易圏を考える」オンラインイベントに、大野泉がスピーカーとして登壇しました。本イベントは、1120日のアフリカ工業化の日を記念し、アフリカ連合(AU)とも連携して企画されたものです。

詳細は>>> こちら (日本語)
 


 

 

エチオピアとの産業政策対話 「開発とビジネス」勉強会

(2008年から継続中)

東アジアの開発経験に強い関心をもつエチオピアのメレス首相の要請をうけて、GRIPS開発フォーラムはJICAと協力して、東アジアの観点をふまえた政策対話にもとづく「産業政策支援」に取り組んでいます。これは、JICA2009年度に新たに開始した対エチオピア産業支援――「政策対話」と「企業のカイゼン」から構成――の前者を担当するものです。

背景・目的
われわれの産業政策対話は、首相との直接対話・書簡、関連省庁の大臣・国務大臣との会合(ハイレベルフォーラム)や面会、政策担当者との意見交換・共同作業の3つのレベルで実施しています。そのほかにも必要に応じて、企業・業界団体、大学・研究機関、他ドナーともセミナーや意見交換を行っています。

HLF概要/スライド・資料等(フェーズ1)
HLF概要/スライド・資料等(フェーズ2)
HLF概要/スライド・資料等(フェーズ3)

エチオピア産業政策対話フェーズ2報告書
約4年にわたったフェーズ2では、産業政策を中心に、GTP1の実施促進と次期5カ年計画の策定支援を行いました。今般、その成果を3種類の報告書にまとめました。ぜひご一読ください。>>> click


エチオピア産業政策対話記録集
2008年から2015年にかけて実施した、エチオピア政府との産業政策対話フェーズ1,2、及び関連調査の記録を対外発信用に再編集しました。Vol.1は、過去の出張報告書(日本語のみ)、Vol.2は、他国での産業政策調査結果(英語+一部日本語訳あり)を収録しています。エチオピア政府と我々の産業政策対話がどのように始まり、どのように展開し、どのような成果をあげたか、臨場感あふれる記録集です。
エチオピアにおける政策対話と政策調査 日本語のみ2.6MB
Policy Research in Third Countries (英語+一部日本語4.8MB)


日系企業向けエチオピア投資情報
GRIPS開発フォーラムはエチオピアとの産業政策対話を通じて収集した政策や経済、ビジネス環境などに関する情報を冊子としてとりまとめました(過去に掲載した投資情報の製本版です)。
日本語版 (last updated: 2015/12)
英語版 (last updated: 2015/12)



チャンピオンプロダクトアプローチ
    >>> Creativity in Motion  (ブランドビデオ)

(2012年4月〜)

本勉強会は「開発とビジネス」をテーマに、産官学やNPO、市民社会などのさまざまなステークホールダーが各自の経験・ 知見を共有し、相互学習、知的ネットワーク構築を行う場です。

近年、新興国や途上国を対象とするビジネス、企業とNPOの連携、開発協力における官民連携が活発になっています。企業の資金や技術力と、開発援助機関・専門家・NPOなどがもつ途上国の経験やネットワークを組み合わせて、世界の開発課題の解決にむけて協働する取組みが広がっています。

GRIPS開発フォーラムは、今までの活動を継続・発展させ、以下を含む多様な切り口で「開発とビジネス」についてマルチステークホルダーで考える場を提供していきます。

アフリカ産業戦略勉強会
民間開発支援(PDA)に関する勉強会

中小企業の海外展開勉強会

  石川滋先生ノート

石川滋先生(1918-2014)は名著「開発経済学の基本問題」で市場経済の未発達を研究。中国・ベトナムで日本の開発協力を主導。晩年の研究を本フォーラムがサポートしました。

石川滋先生の論文および講演のうち、開発フォーラムと関係が深いものを紹介いたします>>> click 

国際開発研究・特集 (Vol. 27, No.1, 2018年6月)
 「石川滋の国際開発研究と知的関与」
これは国際開発学会第16回春季大会(2015年6月7日)での石川滋先生の
業績の「継承・発展」に焦点をあてた企画セッションをふまえて執筆したものです。セッション詳細>>> click

GRIPS開発フォーラムDiscussion Paper No.10
成長と貧困削減の途上国援助—アフリカ型の英国モデルと東アジア型の日本モデルとの相互学習のために—(2005年3月)

 

国際開発ジャーナル論稿
国際開発ジャーナル誌に掲載した国際開発政策や日本の開発協力に関する大野泉の論稿をご紹介します。
 >>> click
  関連サイト

  GRIPS

  GRIPS基金

  VDF

  VDF-Tokyo

  DC開発フォーラム

  DC開発フォーラム・DFID通信

  FASID


●○
Web更新情報○●

 

Vietnam Development Forum HANOI / TOKYO

Copyright (c) 2002-2021 GRIPS Development Forum.  All rights reserved. 
〒106-8677 東京都港区六本木7-22-1  GRIPS開発フォーラム Tel: 03-6439-6337  Fax: 03-6439-6010 E-mail: forum@grips.ac.jp