Curriculum Vitae

1 April 2017

 
名前: 大野 健一
生年月日: 昭和32(1957)年9月25日
国籍: 日本
所属: 政策研究大学院大学(GRIPS) 
〒106-8677東京都六本木7-22-1
Phone: +81-3-6439-6000 / Fax: +81-3-6439-6010
職名: 教授
学歴: 1976年4月 一橋大学経済学部 入学
1979年9月 シカゴ大学経済学部留学 (1年間)
1981年3月 一橋大学経済学部 卒業
1981年4月 一橋大学経済学研究科修士課程 入学
  1983年3月 同修了
1983年9月 スタンフォード大学経済学大学院 入学
  1987年6月 同修了
学位: 1981年3月 経済学学士 (一橋大学)
1983年3月 経済学修士(一橋大学)
  1987年6月 経済学Ph.D. (スタンフォード大学)
職歴: 1982年6〜9月 国際通貨基金(IMF)西半球局サマーインターン
1984年9月〜1987年6月 スタンフォード大学経済学部 Ronald McKinnon教授研究助手
1987年9月〜1991年2月 国際通貨基金調査局 中東局エコノミスト
1991年8月〜1996年3月 筑波大学社会工学系 助教授
1996年4月〜1997年9月 埼玉大学大学院政策科学研究科 教授
  1997年10月〜現在 政策研究大学院 教授
  1999年4月〜12月 アジア開発銀行研究所に派遣職員 (出向)
専門分野: 開発経済学・産業政策論
委員等: 国際協力事業団「ヴィエトナム市場経済化支援共同研究プロジェクト」
 研究顧問貿易産業部会日本側主査 (1995〜2001)
  国際金融情報センター「IMF研究会」委員 (1998〜2001)
  国際協力事業団「ベトナム国民経済大学共同研究プロジェクト」主査 (2000〜2003)
  経済産業省「アジアダイナミズム研究会」責任者 (2001〜2002)
  JBIC「円借款の有効性に係る検討会」委員 (2002)
  外務省「ODA総合戦略会議」委員 (2002〜2006)
  外務省「対ベトナム国別援助計画見直し」タスクフォース主査 (2002~2005)
  筑波大学比較市民社会・国家・文化特別プロジェクト研究組織
 「世界の公共政策及びその政策ネットワークに関する研究」客員研究員 (2003〜2008)
  政策研究大学院大学 21世紀COEプログラム
 「アジアの開発経験と他地域への適用可能性」研究員(2005〜2008)
  政策研究大学院大学 グローバルCOEプログラム
 「東アジアの開発戦略と国家建設の適用可能性」研究員(2008〜2012)
  日本のODAを変える会(2010)
  Vietnam Development Forum(VDF) (2004〜継続中)
  エチオピアとの産業政策対話(2008〜継続中)
  アフリカ成長支援
 -アフリカ成長支援の具体化検討会(2008)
 -アフリカ産業戦略勉強会(2009〜継続中)

 

Copyright © 2008 GRIPS Development Forum, All Rights Reserved.
This website is hosted by National Graduate Institute for Policy Studies (GRIPS) Development Forum  
Tel: +81-3-6439-6337 / Fax: +81-3-6439-6010
E-mail: vngripsnet*grips.ac.jp (Please change * mark to @ when you send an email)