他のゴールを
選択する

  • 貧困をなくそう
  • 飢餓をゼロに
  • すべての人に健康と福祉を
  • 質の高い教育をみんなに
  • ジェンダー平等を実現しよう
  • 安全な水とトイレを世界中に
  • エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 働きがいも 経済成長も
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 人や国の不平等をなくそう
  • 住み続けられるまちづくりを
  • つくる責任 つかう責任
  • 気候変動に具体的な対策を
  • 海の豊かさを守ろう
  • 陸の豊かさも守ろう
  • 平和と公正をすべての人に
  • パートナーシップで目標を達成しよう
  • SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS
shimazaki_1

島崎 謙治

教授

専門分野
社会保障政策

日本の国民皆保険の実現プロセス等の分析と開発途上国への政策的示唆の導出

日本の国民皆保険の最大の特徴は、被用者以外はすべて地域保険である国民健康保険がカバーすることにより成り立っていることにある。この基本的な骨格は第二次世界大戦前に作られ、それを基に1961年に国民皆保険が実現し、オイルショックが起き経済基調が変容する1973年まで成熟する過程を辿った。こうした日本の国民皆保険の実現プロセスおよび成功要因の分析を行うことにより、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)を目指す開発途上国への政策的示唆を導出する。

Read more
Close