GRIPS 政策研究センター Policy Research Center

客員研究員

2006/4/1 ~ 2011/3/31

公益産業の規制改革プロジェクト

近年,欧米を中心に,電力やガス等の従来、公益産業と呼ばれた分野において自由化が活発に進められています。我が国においてもようやく,電力・ガス産業の自由化に本格的に着手されつつあります。 通信分野に比べると,電力・ガス分野の自由化に関しては,世界各国とも,本格的な政策研究や実際の制度設計が近年ようやく端緒についたばかりです。元来,電力・ガスと通信とでは,財やネットワークの性質が異なるため,従来どおりの標準的な競争・規制政策の理論のみに依存するのでは,制度設計に関する重要課題に十分的確に対応することは不可能です。現実に,我が国における電力・ガス分野の自由化の制度設計に関しては,解決されていない課題が山積みの状態にあります。 そこで,本プロジェクトでは,まず電力やガス分野の自由化の制度設計に関して,財やネットワークの性質を十分に考慮しつつ,主に経済学の視点から理論・実証両面の研究を行い,効率的な市場の形成促進に寄与する政策提言を目指します。さらには,水道等,他のネットワーク型公益産業の規制改革に関しても,研究分野を広げていくことを目指します。