通番号 箱番号 箱の通番号 種類 表題         作成者等 メモ        
1 1 1 雑誌 経済懇話 9巻8号 昭和経済倶楽部 1943 9 5 矢部「総力戦政治体制」
2 1 2 雑誌 専売協会誌 262号 専売協会 1934 6 1 矢部「執行権拡大強化の世界的趨向」
3 1 3 雑誌 民主政治 3号 自主憲法期成同盟 1955 9 10 矢部「巻頭言 神経中枢の狂い」
4 1 4 雑誌 民主政治 8号 自主憲法期成同盟 1956 5 10 矢部「自主憲法が目指すもの(1)」「同盟便り」1956年4月25日、綴じ込みあり
5 1 5 雑誌 民主政治 14号 自主憲法期成同盟 1956 11 10 矢部「民主主義と天皇」「青年時報」1956年10月号綴じ込みあり
6 1 6 雑誌 民主政治 15号 自主憲法期成同盟 1956 12 10 矢部・大西邦敏・唐島基智三「議会政治はこれでよいか」(座談会)、「青年時報」1956年11月号綴じ込みあり
7 1 7 雑誌 民主戦線 4号 民主戦線連合 1958 8 10 『民主政治』改題 矢部・蝋山政道・細川隆元・大西邦敏・坂千秋・高田元三郎「憲法調査会運営委員に聞く」(アンケ-ト)
8 1 8 雑誌 民主戦線 8号 民主戦線連合 1958 12 10 矢部・御手洗辰男「議会政治はこれでよいのか」(対談)
9 1 9 雑誌 民主戦線 9号 民主戦線連合 1959 1 10 矢部・大西邦敏・高山岩男・佐野博「日本の病状とその治療」(座談会)
10 1 10 雑誌 民主戦線 14号 民主戦線連合 1959 6 10 矢部・佐藤達夫・大西邦敏「東京地裁の違憲判決とその問題点」(鼎談)
11 1 11 雑誌 民主戦線 16号 民主戦線連合 1959 8 10 矢部・大西邦敏・近藤英明・佐藤達夫・長谷部忠「参議院制度研究会第1回 現行参議院制度の生いたち」(座談会)
12 1 12 雑誌 民主戦線 17号 民主戦線連合 1959 9 10 矢部・大西邦敏・近藤英明・佐藤達夫・長谷部忠「参議院制度研究会第2回 参議院をどう改革するか」(座談会)
13 1 13 雑誌 民主戦線 18号 民主戦線連合 1959 10 10 矢部・大西邦敏・近藤英明・佐藤達夫・長谷部忠「参議院制度研究会第3回 参議院運用上の問題点」(座談会)
14 1 14 雑誌 民主戦線 19号 民主戦線連合 1959 11 10 矢部・大西邦敏・小林次郎・近藤英明「参議院制度研究会第4回 小林次郎氏改革案をめぐって(上)」(座談会)
15 1 15 雑誌 民主戦線 21号 民主戦線連合準備会 1958 6 10 矢部・御手洗辰男「総選挙後の政治課題」(対談)
16 1 16 冊子 貨幣革命論-日本の活路-人類新生の方途- 民族新生運動東京本部 1953 2 3月4日付民族新生運動東京本部渡邊捷三の名詞綴じ込みあり
17 1 17 書類 資料 日教組内のグル-プ活動について 作成者不明 1954 2 18
18 1 18 書類 政治経済の再建とわれわれの覚悟 稲葉秀三 1954 4
19 1 19 書類 日本における合成繊維産業の現在と将来 昭和同人会 1953 7 1 昭和同人会の送付案内書綴じ込みあり
20 1 20 冊子 日ソ国交回復交渉に関し鳩山内閣及び朝野の有識者に訴う 日本綜合文化研究所 1955 3 15
21 1 21 冊子 今後の労資双方は如何にあるべきか 極東事情研究会 1955 4 7 極東事情研究会第5回労働講座シリ-ズ(於蔵前工業会館)、講演会速記録1955年5月付極東事情研究会案内の綴じ込みあり
22 1 22 冊子 秘 日共下部組織強化拡大-区・市・町・村会議員選挙を顧みて 生産日本社 1955 5 20 4月30日実施地方選挙の分析生産日本B情第229号
23 1 23 冊子 共産党対策の提唱 自由擁護連盟 1956 2 自由擁護連盟世話人(北岡寿逸・伊部政一・柴田徳次郎)による昭和31年2月付「共産党対策に関する識者の意見御伺」綴じ込みあり
24 1 24 冊子 日ソ交渉に対するソ連の態度 土居明夫(大陸問題研究所長) 1956 7
25 1 25 冊子 どうしたら交通事故はなくなるか(タクシ-の事故防止の根本策 日本乗用自動車連合会 1958 4 5
26 1 26 冊子 参考資料23号 スカルノ大統領述 西欧民主主義は家風にあわぬ 日本プレス・クラブ 1959 6 訪日したスカルノ大統領のスピ-チを速記録から抄録したもの
27 1 27 冊子 安保改訂に伴う情勢の展望 自由日本を護る会 1960 7
28 1 28 冊子 ゆえなき流説にこたえて 春秋会 1962 7 河野一郎「自民党演説会における演説より」(速記録)、河野一郎「日ソ交流について国民に訴える」(『中央公論』7月号、河野一郎・大宅壮一「日本の言い分、ソ連の言い分」(『文芸春秋』7月号対談)を収録
29 1 29 冊子 総評四百万組合員に告ぐ!!新週刊四億円赤字問題の責任を追及しよう=組合員は知らない間に出資させられ知らない間に借金させられている= 総評傘下組合員有志 1963 2 15 総評傘下組合員有志による「昭和38年2月15日脱稿」とある表題同名パンフの複製
30 1 30 冊子 研究資料2号 内外文献に現われた福祉国家の理念 福祉社会研究会 1963 5 社会福祉研究会会長は古井喜実理事には矢部のほか、新居善太郎・坂信弥・佐藤達夫・三好重夫・高田元三郎ら
31 1 31 冊子 古都の破壊-京都タワ-反対の論点 京都を愛する会 1964 9 小冊子案内、賛同署名用紙及び返信用封筒あり
32 1 32 冊子 納税はちよつと待つた 無法がまかり通る新橋西口広場 悪徳都政と利権の実態 新橋地区市街地改造事業対策連合会代表斉藤正次郎・駅前復帰新橋地区疎開者対策連合会代表木下勇夫 1964 8
33 1 33 冊子 創価学会 国際情勢研究会 1964 7
34 1 34 冊子 政治経済の再建とわれわれの覚悟 作成者不明 資料1-1-2-3-18番と同名資料内容に異同ありなお、この資料には政界・財界・婦人・学会・農村・労働・文芸・其他からなるメンバ-表の綴じ込みあり
35 1 35 冊子 原子力潜水艦-ほんとうの平和を守ろう- 作成者不明
36 1 36 冊子 アジア経済調査月報 1951年11月号 アジア経済調査所 1951 11
37 1 37 冊子 アジア経済調査月報 1952年6-7月号 アジア経済調査所 1952 7 25
38 1 38 冊子 アジア平和問題懇談会会報 No.2 アジア平和問題懇談会 1965 11 26
39 1 39 冊子 明るい窓 人間ドック十周年特集号 聖路加国際病院 1964 9
40 1 40 冊子 云いたい放題 3輯 放談倶楽部 1964 1
41 1 41 冊子 云いたい放題 4輯 放談倶楽部 1964 2 28
42 1 42 書類 IPERIレポ-ト No.10 IPERI 1964 10 IPERI (International Political & Economic Research Institute)
43 1 43 書類 IPERIレポ-ト No.11 IPERI 1964
44 1 44 書類 IPERIレポ-ト No.13 IPERI 1965
45 1 45 冊子 外交春秋 64号 日本外交協会 1959 2 15
46 1 46 冊子 暁星 49号 暁星学園校友会 1949 6 30
47 1 47 雑誌 経済界 4号 国会通信社 1956 8 10
48 1 48 冊子 クレ-ム研究 No.1 クレ-ム研究会 1959 6 1 クレ-ム研究会会長松村謙三・同会専務理事内山尚三連名の機関紙発刊挨拶状有り
49 1 49 雑誌 月刊時事 1960年11月号 月刊時事社 1960 11 1
50 1 50 雑誌 講演 No.58 尾崎行雄記念財団 1962 12 1