English Site Map

GDF is a research unit of National Graduate
Institute for Policy Studies

開発フォーラム概要 GRIPS概要 イベント  GDF発行誌 ダウンロードコーナー メンバー紹介 アクセス・
問合わせ先

GRIPSの概要

政策研究大学院大学(GRIPS)は、 1997年10月に創設された、社会科学分野でわが国初の国立大学院大学です。 教育・研究・情報発信の3機能を併せもつことにより、政策研究の高度化を図り、ハイレベルの専門家及び研究者を養成します。 卓越した研究教育機関(Center of Excellence)として社会、文化の発展に貢献することをめざしています。

GRIPSの歴史

GRIPSは、埼玉大学大学院政策科学研究科をその母体とし、政策科学研究科時代には明確な問題意識を持った mid-careerの行政官を対象に教育訓練を施し、政策形成能力の向上を目標としました。 しかし、日本の政策研究推進体制の整備を追及する上で、既存の大学に属していることが望ましいのかどうか という疑問が生じてくるようになりました。 国の内外を問わず急速に変化するようになった情勢の中で日本の将来的な役割を見極めるためにも、 我が国の政策体系を根本的に見直す必要が出てきたことが背景に挙げられます。 そこで、GRIPSは政策研究という学問の特性にふさわしい独立大学院大学として埼玉大学から離れ、1997年に設立されました。 政・産・官・学の優れた人材の協力と国際的な知的協力に立脚して、 国内・国外からの諸要請に応える機関となることを目指しています。

GRIPSの目的

1.政策形成にかかわる高度なプロフェッショナルの養成

2.国際的に開かれた学際的・省際的な高度の政策研究の推進

3.連携機構(コンソーシアム)および卓越した研究拠点 (センター・オブ・エクセレンス)の創出

GRIPSの特色

GRIPSは教育を担当する政策研究科、共同研究を担う政策研究プロジェクトセンター、 そして政策情報の収集・発信を任務とする政策情報研究センターと3部構成となっています。 相互補強を図ることにより、社会のニーズに柔軟に応える研究教育体制の確立を図ります。

  • 学部を持たない独立大学院大学
  • 中央省庁、地方自治体、 外国政府機関、国際機関に勤務する行政官・政策アナリストを受け入れ、 体系的なプログラムのもと実践的な政策形成能力向上をめざす専門教育の実施
  • 博士後期課程学生も受け入れて新しいタイプの研究者養成をめざす集中的な教育プログラムを展開
  • 国籍を問わず多様な人材を客員教官ポスト、交流人事などで受け入れて教授陣を構成し、 教育・研究のクリティカル・マスを確保
  • 運営審議会及び常任委員会の審議を経て、 政策課題について時限性の研究プロジェクトを推進
  • 政策情報研究センター、附属図書館などによる充実したインフラの提供

詳細についてはGRIPSのホームページをご覧下さい 
http://www.grips.ac.jp


 

Copyright (c) 2010 GRIPS Development Forum.  All rights reserved. 
〒106-8677 東京都港区六本木7-22-1  GRIPS開発フォーラム Tel: 03-6439-6337  Fax: 03-6439-6010 E-mail: forum@grips.ac.jp