English Site Map

GDF is a research unit of National Graduate
Institute for Policy Studies

開発フォーラム概要 GRIPS概要 イベント  GDF発行誌 ダウンロードコーナー メンバー紹介 アクセス・
問合わせ先

開発フォーラムの概要

「開発フォーラム・プロジェクト」は、2002年1月にGRIPSの研究プロジェクトの一つとして発足しました。 政府開発援助(ODA)・経済協力分野における政策研究・発信活動に着手しています。 なお本プロジェクトは、文部科学省・外務省・FASID(国際開発高等教育機構)・JICA(国際協力機構) ・JBIC(国際協力銀行)の協力を得て運営されています。

「開発フォーラム・プロジェクト」の目的

学際的な政策研究機関としてのGRIPSの比較優位を生かして、 国際開発・経済協力分野における戦略的かつ政策志向の研究調査を実施し、 また内外に積極的な発信活動を行ないます。

GRIPSが有する幅広い知的ネットワーク(内外の政府機関、大学、研究機関、IMF・世銀・ADB等)を活用して、 国際開発・経済協力分野における研究ハブ機能を確立・強化します。

成果の質と政策へのインパクトを重視し、 既存の研究方法や組織の枠にとらわれない新たな研究イノベーションをめざします。

背景と問題意識

政府開発援助(ODA)・経済協力は、日本の国際貢献や外交政策の主要ツールと位置づけられています。 しかしながら、 1)情報公開の進展と国民の厳しい眼(効率性・透明性の要求)、 2)「量」 から「質」拡充への転換を意識した近年のODA改革の動き、 3)グローバルな課題の重要性(IT、環境、民間セクターの役割拡大、紛争解決など)、 4)貧困問題への世界的取組み、 5)開発協調の流れ、 6)国際金融システム再構築の議論の活発化 等といった内外環境の劇的変化により、現在、重要な岐路に直面しています。

このような環境変化に対応し、すでにODA改革懇談会(第1次(1997-98年)、第2次(2001-02年))、 円借款懇談会(2000年)をはじめとして、官・民・財界・学界・NGOを含む多様な有識者・ステークホールダーにより、 今後の日本の開発援助・経済協力のあり方、国際機関の打出した新開発戦略への対応などにつき、活発な議論が展開されています。 特に昨今の緊縮財政に伴うODA予算削減や行政改革の流れは、これらの課題への緊急な対応を促すとともに、これらの知的努力を踏まえ、 抜本的・包括的な政策検討を行なう絶好の機会を提供しています。

活動・発信方法

既存の枠組みにとらわれず、研究ニーズを最優先して、研究調査・交流、情報収集・分析、政府や国際機関への働きかけ、 講演、セミナー、出版、知的ネットワークづくり、パイロットプログラム実施などの各種ツールを機動的かつ効果的に組合せます。

出版物等は次のとおりです。

  • ポリシー・ミニッツ(和・英):様々な関係者から意見を聴取した上で、政策提言を目的として、 「開発フォーラム・プロジェクト」の責任において作成。
  • ディスカッション・ペーパー(和・英):本プロジェクトの趣旨に沿ったテーマに関する研究ペーパー。 専門性を重視し、執筆者の責任において作成。
  • ポリシー・ノート(和・英):国際開発・経済協力分野での最新の政策イシュー、論点等をまとめたブリーフ。
  • ホームページ(和・英):本プロジェクトの概要や活動を紹介。常時更新。
  • 商業ベース、その他の書籍。

Copyright (c) 2010-2016 GRIPS Development Forum.  All rights reserved. 
〒106-8677 東京都港区六本木7-22-1  GRIPS開発フォーラム Tel: 03-6439-6337  Fax: 03-6439-6010 E-mail: forum@grips.ac.jp