English Site Map

GDF is a research unit of National Graduate Institute for Policy Studies

 日本のODA改革・政策提言
       「日本のODAを変える会」
 国際開発潮流・主要ドナーの動向  アフリカ成長支援
 エチオピア との産業政策対話  Vietnam Development Forum  GRIPS Global COE Program
 開発プロセス管理と援助  「新しい日本のODAを語る会  21世紀COE プログラム

開発プロセス管理と援助


Managing the Development Process and Aid
--East Asian experiences in building central economic agencies--

GRIPS開発フォーラムは、2005年度以降の研究テーマの1つとして、途上国の開発・援助マネジメント能力の強化策について示唆を得るために、タイ・マレーシア・フィリピンを対象とした調査に取り組んでいます。 本調査は途上国の視点から分析を行い、ベトナムをはじめとする今日の途上国への具体的な提案を行うとともに、援助のあり方についてドナー側への政策提言を導くことも意図しています。

>>最終報告書のダウンロードはこちら (pdfファイル 1.6MB)

調査の目的

開発プロセスの自立的管理に取組んできた東アジアの先行国の経験(タイ、マレーシア、70〜80年代)に焦点をあてて、開発計画策定・予算化・実施や援助受入れにおいて中央経済官庁が果たした役割、他機関との調整メカニズムを中心に分析する。 比較の視点から、1986年の民主化を転機として地方分権化のもとで現在、中央経済官庁の機能強化に努めているフィリピンの経験も分析対象とする。

分析に際しては、対象国の開発行政制度の設計のみならず、開発計画を軸として重点開発課題・予算・公共投資計画・援助のアラインメントがどのように行われたのか、 といった実際の機能面、これらに影響をあたえた要因にも注目する(タイについては東部臨海開発計画に関する事例分析も実施)。

途上国の視点にたって、能力開発や援助効果向上といった課題に取組むうえでの示唆を導く。

フォローアップ調査

時期 内容 資料
2007年6月 ベトナム中間CG会合・出張報告 出張報告 315KB 
2007年12月 CG会合・出張報告 出張報告 69.51KB

調査の経緯

時期 内容 資料
2005年7月〜 企画 調査計画案 和文 (30KB)英文 (81KB)
2005年10月 タイ・マレーシア・フィリピン出張(予備調査) 出張報告書 112KB
2006年1月 タイ・マレーシア出張(本格調査) 出張報告書 136KB
2006年3月 フィリピン出張(本格調査) 出張報告書 65KB
2006年4月〜 報告書執筆 アウトライン案 8KB
2006年6月 ベトナム出張(中間報告、途上国の視点聴取) 出張報告書 98KB
2006年7〜07年3月 編集・印刷製本 最終報告書 1.6MB

調査成果の活用、発信戦略

  • GRIPS内の新コースの教材として活用(2006年秋学期および2007年春学期授業)
  • 2006年11月上旬 セミナー企画(国内)
  • その他、国内・現地関係者へのフィードバック(セミナー等の開催)、ワークショップでのプレゼン、ベトナムを含む他の途上国での中間報告・成果の発表等も検討中

<勉強会・セミナー等の開催状況、配布資料>

開催日&開催内容 開催場所 発表者 配布資料
2006年5月17日(水) 中間報告 JICA(アジア部・アフリカ部関係者) 大野泉/島村真澄 1.レジュメ 179KB
2.事例分析:東部臨海開発 77KB
2006年6月13日(火) 中間報告/ベトナムの視点 聴取 Vietnam Development Forum (VDF) 大野泉/島村真澄 1.発表資料1 63KB
2.発表資料2 50KB
3.Handout61KB
4.議事録(VDFウェブサイト)
2006年6月14日(水) 中間報告/現場の実務者の視点聴取 JICAベトナム事務所 大野泉/島村真澄 1.レジュメ84KB
2.事例分析:東部臨海開発78KB
2006年7月31日(月) 中間報告/アフリカ、特にケニアの視点聴取 JICA東南部地域支援事務所/JICAケニア事務所 大野泉 1.発表資料 60KB
2.別添資料 84KB
3.議事録 24KB
2006年11月8日(水) 中間報告/日本関係者へのフィードバック

***コメンテーター***

  1. Nophadol Bhandhugravi氏
    (President, NEDA, タイ)
  2. J. Jegathesan氏
    (Senior Investment Adviser: Consultant to JICA and the Government of Zambia and the former Deputy Director, MIDA)
  3. 松澤猛男氏(JBIC)
GRIPS 大野泉/島村真澄 1.議事次第(32KB)
2.発表資料(大野、64KB)
3.発表資料(島村、123KB)
4.配布資料(Nophadol、351KB)
5.発表資料(松澤、8KB)
6.参考 資料:調査Overview(GRIPS、206KB)
7.議事録はこちら(Policy Minutes No.21になります。pdfファイル、3.8MB)
2006年11月9日(木) 特別セッション

「アフリカへのFDI促進―東アジアの経験の適用可能性」

***コメンテーター***
山本愛一郎氏(JICAアフリカ部・部長)

GRIPS J. Jegathesan氏 1.議事次第(32KB)
2.発表資料(Jegathesan、 2.3MB)
3.発表資料(山本、8KB)
4.速報メモ

5.議事録はこちら(Policy Minutes No.21になります。pdfファイル、3.8MB)
2007年3月12日〜17日 調査報告/フィリピンのステークホルダーへの調査結果報告 マニラ 大野泉/島村真澄 1.出張報告(29KB)
2.大野発表資料(68KB)
3.島村発表資料(64KB)

 

Copyright (c) 2009 GRIPS Development Forum.  All rights reserved. 
〒106-8677 東京都港区六本木7-22-1  GRIPS開発フォーラム Tel: 03-6439-6337  Fax: 03-6439-6010 E-mail: forum@grips.ac.jp