Africa Growth Initiative       
 

「アフリカ成長支援の具体化」検討会

 1.本会合の背景

  • 今年は日本が議長国となり、第4回アフリカ開発会議(TICAD IV)及びG8サミット(北海道洞爺湖)を開催する「開発の年」であり、アフリカ諸国はもとより、国際社会は日本政府が打ち出すアフリカ政策に対し強い関心と期待をもち、注視している。

  • TICADIVでは「元気なアフリカ」をテーマとして、アフリカ諸国首脳や国際援助機関が一同に会して、(1)成長の加速化、(2)人間の安全保障の確立(MDGs達成と平和構築)、(3)気候変動・環境問題を軸とした議論が行われる予定である。また、TICAD IVでの議論は、G8サミットに反映されることになっている。

  • 国内でも、日本のアフリカ政策をめぐる議論は活発化している。例えば、上記(1)の成長の加速化については、JICA・JBICによる「アジアの経済成長とアフリカ開発」検討会(2007年7月から)、外務省「国際協力に関する有識者会議」中間報告(2008年1月)、「新しい日本のODAを語る会」マニフェスト(2007年10月)が提言を作成しているが、これらを貫く問題意識や方向性には共通点が多く、また在京アフリカ外交団が取りまとめた提言(2007年3月)とも整合している。

  • 今後、こういった提言を行動に移していく必要がある。日本は、昨今の国際潮流の成長回帰を好機ととらえ、英国や世界銀行が取組みを強化しつつある成長診断や複数国にまたがる地域開発(広域インフラ整備を 含む)等に対して、「選択と集中」の観点から対象国・地域を検討し、東アジアの開発援助経験を活かして、相手国関係者との継続的な政策対話に基づく産業化戦略の策定・実施を含めて取組むべきである。ODA予算に制約がある現状のもとで、二国間援助による成長の加速化支援の対象国は少数に絞り、他ドナーと戦略的連携を強化することは不可欠である。

 2.目的

  • アフリカ成長支援を具体化するために必要な内外の動き・情報を共有し(例:成長診断、広域インフラ整備、官民パートナーシップ、英国や世界銀行の動き、TICAD IVにむけた日本政府の方針)、今後、日本が実効性あるアフリカ支援を実施するためにとるべき行動を検討・提言する。

  • その際に、アフリカ諸国における東アジアの経験への関心の度合い、国際潮流、日本の支援実績(または予定)、現地における日本の援助実施体制等にも留意して検討を行う。

 3. 参加者

  • アフリカ成長支援に関心を有する日本政府・援助実施機関、国際機関、研究者、民間セクター等の有志

  • 個人の資格での参加

 4. 運営

  1. 日時: 1回/月程度 1時間半程度(18:30〜20時頃)、4月〜7月に約4回

  2. 場所: 政策研究大学院大学(GRIPS)

  3. 進行: 事務局または参加者からの問題提起(30分)+意見交換(60分)

  4. 記録: 概要をGRIPSのHPで掲載、発言内容は匿名とする。

  5. 事務局: GRIPS開発フォーラム
          <幹事>大野健一、大野泉、ンコンゴロ・エルンバ、上江洲佐代子
          <連絡担当>味園晴美、岩橋美智子

                                                                 以上

 

 

会合での配布資料及び 議事録
(全てpdfファイル

第1回
キックオフ会合
(2008年4月9日)
1. 問題意識・本会合の進め方(10KB)
2. 企画書(11KB)
3. 参考資料
   (メール等で寄せられた意見を紹介)
4. 議事録(13KB)
第2回
(2008年4月24日)
1. 「成長診断について」(開発フォーラム)
   (59KB)
2. 「成長診断」の感想(10KB)
3. 「民間部門開発のツールについて」
   (JBIC)(132KB)
4. 議事録(16KB)
第3回
(2008年5月23日)
1. 「インフラ支援をどう成長につなげるか」
   (開発フォーラム) (270KB)
2. 円借款による取組み」(JBIC)
 (657KB)
3. 「技術協力による取組み」(JICA)
      (アフリカ部)(95KB)
      (産業開発部)(277KB)
4. 議事録(13KB)
第4回
(2008年6月19日)
1.TICADWの概要と評価など
 (外務省)
2.今までの論点整理、及び今後の取り組
 みにおける留意点(開発フォーラム)
 (50KB)
3.議事録(17KB)
特別企画
セミナー
(2008年7月25日) 

''How can Japan effectively support economic growth in Africa? – The African perspective –
1.プログラム(18KB)
2.冒頭発言(Prof.Kenichi Ohno)(218KB)
 
''Japan's new approach.''
3.発表資料(1,653KB)、要旨(63KB)(Elumba)   
 
''SMEs driven intra-African trade.''
4.発表資料(1,747KB)、要旨(22KB) (Dr.Sanga)
 
''African growth in the age of global climate change.''
5.議事録(84KB)


当検討会の英文ウェブサイトは
こちらから。


 

 
 


 

>>>関連リンク<<<

''Diversity and Complementarity in Development Aid:
   East Asian Lessons for African Growth''

Growth Diagnostics
  Hausmann, Rodrik, Velasco(2005)(295KB)

Commission on Growth and Development

Initiative for Policy Dialogue

International Growth Centre
  Draft Terms of Reference(22.6KB)


JICA・JBIC「アフリカ開発とアジアの経済成長」検討会 
  報告書



>>>関連資料<<<

IDA15:The Platform for Achieving Results at the
  Country Level (2.70MB)

Africa Development Indicator 2007 (1.82MB)


「新しいアフリカ成長イニシャティブ」の提言(32KB)


 

 

Copyright (c) 2009 GRIPS Development Forum.  All rights reserved. 
〒106-8677 東京都港区六本木7-22-1  GRIPS開発フォーラム Tel: 03-6439-6337  Fax: 03-6439-6010 E-mail: forum@grips.ac.jp