English Site Map
  

GDF is a research unit of National Graduate
Institute for Policy Studies

開発フォーラム概要 GRIPS概要 イベント  GDF発行誌 ダウンロードコーナー メンバー紹介 アクセス・
問合わせ先

 

GRIPS開発フォーラム

私たちは、日本やアジアの産業発展の経験に基づき、産業開発・国際開発・開発協力などの分野において、日本が独自性を発揮して世界に建設的な貢献をするための実践的で政策志向の研究・発信活動を行っています。また、活動推進においては、内外の知的ネットワークを活用しつつ、日本の経済協力関係者、主要援助機関、研究機関、開発途上国の政策担当者等への政策的働きかけを実施し、ウェブサイト、セミナー、出版物等を通じて情報発信を続けています。

 

エチオピアとの産業政策対話
  第3フェーズ
  第2フェーズ (Completed)
  第1フェーズ (Completed)
APIR & GRIPS共同研究
 
知日産業人材ネットワーク
  中小企業の東南アジア進出
開発とビジネス
  民間開発支援に関する勉強会
  中小企業の海外展開勉強会
アフリカ成長支援
  アフリカ産業戦略勉強会
国際開発潮流・主要ドナーの動向
(2017年9月)
The History of Japanese Economic Development: Origins of Private Dynamism and Policy Competence (Routledge) by Kenichi Ohno
 (2015年5月)
学会
中国語版"Learning to Industrialize"
大野健一 著
(定価:58.00元)
ISBN978-7-5086-4973-3
 (2015年4月)
町工場から
アジアのグローバル企業へ

-中小企業の海外進出と支援策-
大野泉編 著 (中央経済社)
(¥2,800円+税)
ISBN978-4-502-13881-2
(2014年12月)
An Approaching Middle Income Trap: How Vietnam can Escape It
by Vietnam Development Forum, National Economics University Supervised by Kenichi Ohno
(100,000VND (ベトナムドン))
(2013年12月)
産業政策のつくり方-アジアのベストプラクティスに学ぶ-
大野健一 著 (有斐閣)
(¥2900+税)
ISBN978-4-641-16418-5
(2013年4月)
Eastern and Western Ideas for African Growth:
Diversity and Complementarity in Development aid
(Routledge)
Edited by Kenichi Ohno and Izumi Ohno (Routlede-GRIPS Development Forum Studies)
(2012年10月)
Learning to Industrialize:
From given growth to policy-aided value creation
(Routlede)
by Kenichi Ohno (Routledge-GRIPS Development Forum Studies)
(2011年7月)
BOPビジネス入門--パートナーシップで世界の貧困に挑む
(中央経済社)
(税込価格: ¥2,310)
菅原秀幸、大野泉、槌屋詩野
ISBN978-4-502-68840-9
 (2010年1月)
 明治維新 1858-1881
 (講談社現代新書)
 (税込価格:¥777)
 坂野 潤治、大野 健一
 ISBN-10: 4062880318
 ISBN-13: 978-4062880312 


What's New Back Number
こちら

大野健一教授が外務大臣表彰を受賞

2018724日(火)、本学開発フォーラムの大野健一が、日本とベトナムとの経済関係促進の功績に関し、平成30年度外務大臣表彰を受賞しました。
この表彰は、国際関係の様々な分野において特に顕著な功績のあった個人および団体について、その功績を称えるものです。
大野健一は、
1995年からベトナムの政策研究に取り組み、主に産業政策の分野で日本の発展の経験及び教訓をベトナム政府に共有し、ベトナムの政策立案及び経済発展に大きな貢献をしてきました。また、2004年からはハノイの研究拠点であり、自らが研究所長であるベトナム開発フォーラムを通じて数多くのベトナム人若手研究者の訓練育成にも注力しており、大野健一の指導を受けた多くのベトナム人研究者はベトナム経済発展のために活躍しています。 
 

第28回エチオピア出張報告

(2018
6月)GRIPS開発フォーラムの大野健一は、648日にエチオピア産業政策対話第3フェーズの小規模ミッションとして、JICA本部の産業開発部・公共政策部の江口秀夫専任参事とともに現地調査を実施しました。今回の訪問では、2018年4月のアビイ・アーメド新政権の誕生にあたり、新たに就任した工業大臣、工業国務大臣等、産業政策対話関連要人に面会し、情報収集および関係構築を行いました。
また、6月18日〜27日実施予定のMIDI本邦研修の最終打合せを行った他、金属機械企業のハンドホールディング支援およびエチオピア生産性レポート詳細に関する協議を実施しました。
詳しくは、出張報告をご覧ください。 

第28回出張報告書は
>>> こちら
 
第27回エチオピア出張報告

(2018
2月)GRIPS開発フォーラムの大野健一は、2915日にエチオピア政策対話第3フェーズの小規模ミッションとして、エチオピアを訪問しました。JICAや現地の政策調査研究センター(PSRC)とともに、両国間産業政策対話のコンポーネントである、金属機械企業のハンドホールディング支援およびエチオピア生産性レポート企画の関連作業を実施しました。
また、アルケベ首相府大臣と、エチオピアハンドブックおよび
How Nations Learn2つの出版企画も進めました。

第27回出張報告書は
>>> こちら
 
非常勤スタッフ(事務職)募集のお知らせ 締め切りました

(2018年2月)今般、GRIPS開発フォーラムでは、非常勤スタッフを募集します。詳細は下記をご覧ください。皆様の応募をお待ちしております。

募集内容は
>>> こちら
 
GDFセミナー開催   終了しました
ベトナム産業人材のマインドセット改革〜その理論と実践例〜
(日本・トヨタ経験にもとづくベトナム人専門家による日本語講演)


(2018年1月)GRIPS開発フォーラムは、途上国人材のマインドセット改革に理論と実践で挑んでいる、ベトナム人研究者グェン・ダン・ミン氏をお招きして、セミナーを開催 しました。ミン氏の理論の要諦である、マインドセット(同氏の造語で「タム・テー」)の概念について 力説頂きました。日本人としても改めて考えさせられる内容でした。

プログラム、講演資料等は>>> こちら
 

第26回エチオピア出張報告

(2017年12月)GRIPS開発フォーラムは、11月5〜16日にかけて、エチオピア産業政策対話(フェーズ3)の一環として、JICA本部の産業開発部・公共政策部チーム(中村俊之部長ほか)とともに現地調査を実施しました。今回の訪問では、1年4ヶ月ぶりにハイレマリアム 首相との対談が実現し、マインドセット改革の重要性を含め意見交換をしました。また、ハイレベル・フォーラム(HLF)やナレッジ・シェアリング・フォーラムでは、ベトナム人研究者も招聘して、「生産性」に関わる政策研究の中間報告を行いました。このほか、金属分野の日本人のシニアコンサルタントが少数の現地候補企業およびMIDIの診断を行いました。
詳しくは、出張報告をご覧ください。

第26回出張報告書は>>> こちら
第2回HLFのプレゼン資料等は
>>> こちら
 

契約職員(事務職)募集のお知らせ 締め切りました

(2017年11月)今般、GRIPS開発フォーラムでは、契約職員を募集します。詳細は下記をご覧ください。皆様の応募をお待ちしております。

募集内容は
>>> こちら
GRIPSのサイト上にも掲載しています >>> こちら
 
スリランカ出張報告

(2017年10月)
GRIPS開発フォーラムはエチオピアの政策調査研究センター(PSRC)と共同で、スリランカ産業調査を実施しました。エチオピア産業政策対話の知的インプットの一環です。スリランカは一人当たり所得約4000ドルの中所得国で、輸出はアパレルが突出し、その担い手は一握りの現地企業です。彼らは品質に加え、欧米消費者が要求する労働・環境基準をきちんと満たせるため、女性下着など高級製品で欧米市場に食い込んでいます。多くのスリランカアパレル企業は、国内の労働不足におされ、またアフリカの対欧米関税特恵を得るために、エチオピアに生産拠点を構築しつつあります。出張報告をぜひご一読ください。

スリランカ出張報告書 >>> 英文報告書   >>> 和文報告書
 
日本経済史の英語教科書を出版

(2017年10月)大野健一の教科書、"The History of Japanese Economic Development: Origins of Private Dynamism and Policy Competence"がルートリッジ社より出版されました。本書は、2006年に講義用に編集された英語教科書を全面的に改訂し商業出版したものです。旧版は英語のほか6か国語に翻訳されました。江戸時代からアベノミクスまでの日本経済の歩みを官民関係、外国要素の輸入・修正、政治社会的条件を重要視点として、学術研究や論争も取り入れながらできるだけ平易につづっています。専門家にも日本をまだあまり知らない留学生にも満足できる内容になっています。

著者のQ&A
>>> こちら
 


 

 

エチオピアとの産業政策対話 「開発とビジネス」勉強会

(2008年から継続中)

東アジアの開発経験に強い関心をもつエチオピアのメレス首相の要請をうけて、GRIPS開発フォーラムはJICAと協力して、東アジアの観点をふまえた政策対話にもとづく「産業政策支援」に取り組んでいます。これは、JICA2009年度に新たに開始した対エチオピア産業支援――「政策対話」と「企業のカイゼン」から構成――の前者を担当するものです。

背景・目的

われわれの産業政策対話は、首相との直接対話・書簡、関連省庁の大臣・国務大臣との会合(ハイレベルフォーラム)や面会、政策担当者との意見交換・共同作業の3つのレベルで実施しています。そのほかにも必要に応じて、企業・業界団体、大学・研究機関、他ドナーともセミナーや意見交換を行っています。

HLF概要/スライド・資料等(フェーズ1)
HLF概要/スライド・資料等(フェーズ2)
HLF概要/スライド・資料等(フェーズ3)


エチオピア産業政策対話フェーズ2報告書

約4年にわたったフェーズ2では、産業政策を中心に、GTP1の実施促進と次期5カ年計画の策定支援を行いました。今般、その成果を3種類の報告書にまとめました。ぜひご一読ください。>>> click


エチオピア産業政策対話記録集

2008年から2015年にかけて実施した、エチオピア政府との産業政策対話フェーズ1,2、及び関連調査の記録を対外発信用に再編集しました。Vol.1は、過去の出張報告書(日本語のみ)、Vol.2は、他国での産業政策調査結果(英語+一部日本語訳あり)を収録しています。エチオピア政府と我々の産業政策対話がどのように始まり、どのように展開し、どのような成果をあげたか、臨場感あふれる記録集です。

エチオピアにおける政策対話と政策調査 (日本語のみ2.6MB)
Policy Research in Third Countries (英語+一部日本語4.8MB)


日系企業向けエチオピア投資情報

GRIPS開発フォーラムはエチオピアとの産業政策対話を通じて収集した政策や経済、ビジネス環境などに関する情報を冊子としてとりまとめました(過去に掲載した投資情報の製本版です)。
日本語版 (last updated: 2015/12)
英語版 (last updated: 2015/12)


チャンピオンプロダクトアプローチ
    
>>> Creativity in Motion  (ブランドビデオ)

(2012年4月〜)

本勉強会は「開発とビジネス」をテーマに、産官学や
NPO、市民社会などのさまざまなステークホールダーが各自の経験・ 知見を共有し、相互学習、知的ネットワーク構築を行う場です。

近年、新興国や途上国を対象とするビジネス、企業とNPOの連携、開発協力における官民連携が活発になっています。企業の資金や技術力と、開発援助機関・専門家・NPOなどがもつ途上国の経験やネットワークを組み合わせて、世界の開発課題の解決にむけて協働する取組みが広がっています。

GRIPS開発フォーラムは、今までの活動を継続・発展させ、以下を含む多様な切り口で「開発とビジネス」についてマルチステークホルダーで考える場を提供していきます。

アフリカ産業戦略勉強会
民間開発支援(PDA)に関する勉強会

中小企業の海外展開勉強会

  石川滋先生ノート

2014年1月4日、石川滋名誉教授がお亡くなりになりました。石川先生のご冥福を心よりお祈り申し上げます。



国際開発学会第16回春季大会(2015年6月7日開催)にて、石川滋先生の業績の「継承・発展」に焦点をあてた企画セッションが開催されました。詳細は
>>> click

一橋大学名誉教授・石川滋氏の論文および講演内容をご紹介しています。>>> click 

  過去の論文テーマ
「アフリカ型と東アジア型の開発(制度)モデル比較−日・英間国際開発政策の相互学習を目指して−」(2008年3月)

 

国際開発ジャーナル論稿
国際開発ジャーナル誌に掲載した国際開発政策や日本の開発協力に関する大野泉の論稿をご紹介します。
 >>> click
  関連サイト

  GRIPS

  GRIPS基金

  VDF

  VDF-Tokyo

  DC開発フォーラム

  DC開発フォーラム・DFID通信

  FASID


●○
Web更新情報○●

 

Vietnam Development Forum HANOI / TOKYO

Copyright (c) 2002-2018 GRIPS Development Forum.  All rights reserved. 
〒106-8677 東京都港区六本木7-22-1  GRIPS開発フォーラム Tel: 03-6439-6337  Fax: 03-6439-6010 E-mail: forum@grips.ac.jp